ファイルバックアップ

イメージ

ファイルバックアップとイメージバックアップの違い

イメージバックアップは、HDDやSSD等のストレージを丸ごとバックアップします。バックアップの容量が大きいので、リアルタイムでバックアップする事は難しく、1日1回や1週間に1回、定期的なスケジュールでバックアップすることになります。また、PCへの負荷もネットワークへの負荷も高く、オフィス全体の生産性にも影響を及ぼしかねません。

一方、ファイルバックアップは、データだけをバックアップするので、バックアップ容量も時間も遥かに少なく、リアルタイムでのバックアップが可能です。ネットワークの帯域も占有しないので、重複排除といった機能も不要です。

Shadow Desktopはファイルバックアップ

Shadow Desktopはデータを仮想化する過程で、データをクラウドサーバーへアップロードします。これらのデータを世代管理する事でファイルバックアップとしての機能を備える事ができました。

Shadow Desktopであれば、バックアップのスケジュールや頻度、停電などを考慮する必要も、夜間バックアップの為にPCをつけっぱなしにして帰宅する必要もなく、常に最新の状態がバックアップされます。

標準では1つ前の世代まで(2世代)しかバックアップしていませんが、オプションを利用すれば99世代分のバックアップを取得可能です。

イメージ